ストレッチが欲しいならココっ | キャンプブラックの通販価格を比較し「1つだけ」厳選紹介 2017年度 コンパクトシュラフのレビュー~!

【デザイン】 実用性のみ重視で!画像通りの商品でしたので満足。届いた夜,ベッドの羽毛布団をはねのけ,Tシャツと下着姿で寝てみた。購入(配送)後!早速使ってみました。

10月28日 オススメ商品♪

2017年10月28日 ランキング上位商品↑

シュラフ コンパクト ブラック ストレッチ キャンプ寝袋 シュラフ ダウン 羽毛 -20℃ マミー型 軽量 軽い!送料無料 収縮 収納 コンパクト 黒 ブラック 赤 レッド 冬山 ストレッチタイプ キャンプ用 防災用寝袋 登山用

詳しくはこちら b y 楽 天

夜の気温0度くらいの中!しっかり着込んでも窮屈さはなく!寒さは十分しのげた感じです。バイクに積む為思っていたよりもコンパクトで良かったです以前のシェラフは袋に収めるのがとても大変でしたがこれはとても簡単に袋にしまうことができました。インナーとズボン 上は 下着!中 上着 厚手靴下 を着用です。ダウンなので、寝袋として使った時は体重のかかる下側はペタンコになって銀マットだけでは痛いので、エアマット等、何か対策は必要だと思いました。愛用している国内メーカーのフルシーズン用に決めかけたが,何せ高価。普通体型の女性なら、膝を軽く曲げられるほどの伸縮性はあるので、足元が物凄く狭い…まではないと思います。冬山を除くテント使用であるなら価格もお手ごろだし!お買い得だったと思っています。特に不具合もなく!色の選択肢は既にありませんでしたが!総合的に!この値段でこの品物は買得だったと思います。伸縮性があってからだにフィットするからあったかいのでしょう。においも!たまにアレ?と思った程度なので!気にならないと思います。せめてジャージの上下くらいでは寒さを気にせず熟睡したいもの・・・。北海道陸別町のしばれフェスタで使用してきました。ただ,4つめ(冬用としては2つめ)のシェラフの購入だが,適用温度の設定はどれもどうなのかなとは感じる。車内泊で使います。作りについては、内面のショルダー部分の作りが独特で最初は戸惑いましたが、判れば問題なしです。使用感としては、当方175cm・75kgですが、窮屈感はありませんでした。冬用のシェラフが古さのせいもあるのかインナーを入れて潜り込んでも,真冬の零度前後の環境では少し寒さを感じるようになりダウンの物を物色。夜中(1時頃)ですが、0度の中、下はジーパン、上はユニクロフリースで少し暑いくらいでした。軽量化のためシェル素材を薄くしたのかフェザーが抜け出ますが価格的に問題なし。)。この価格でこの商品が手に入り、目的がバイクキャンプツーリング用であればとてもいい商品だと思います。今のも決して安くはないのに2〜3倍はする・・・。【その他】 発送はとても速いです。今度はもう少し気温が低くなる状態で、使用して見たいと思います。一応インナーシーツ、シュラフカバーも持参しましたが、使用せず寝られました。たたき寄せました。バイクに積むのにもこの収納大きさであれば十分使えそうです。ただ、肩、首を絞れるひもがあれば最高です。袋から取り出すとモコモコ膨れますが、収納する時には足の部分から空気を抜きながら適当に押し込んでいく方法で比較的簡単に収納できました。冬本番が楽しみです。気になる点と言えば、羽毛が飛び出てしまう事でしょうか。羽毛と言うことで、背中側のクッション性が気になりましたが、必要十分です(マット使用)。また!軽くて小さいので!持ち運びが楽でした。満足です。おもったよりあったかいです。評価の一部に中綿の羽毛が出るとか匂いがあると言った記述もありましたが、そのようなことも全くありません。春先や晩秋のキャンプでは想像以上に冷え込むことがありますが!このシュラフと真夏でも常時持参しているユニクロのライトダウンを組み合わせると全く寒さに対する不安はありません。冬でも使え!コンパクトに収納できるるダウンシュラフでは一番安価だったかと思います。朝まで、ぐっすり眠れましたが、寝起き時には上半身に少し寒気を感じました。【収納性】 自分のやり方の問題かもしれませんが!バックに入れるのはちょっと大変でした。これ以上のサイズのものは!車でないと持ち運びはきつそうです。有名ブランド品に比較して!割安でよかったと思います。【保温性】 思ったより暖かそうに見えますが、まだ使っていませんのでコメントなし。大型バイクでの長距離ツーリング+キャンプ+温泉を年間数回楽しんでいます。また、畳むときはややいれにくく何回かやり直ししました。山で使用できないか購入。全体的に期待通りの商品でした。袋にしまった後ベルトでさらに小さく絞れるのでリュクに入れやすかったです。購入1年 久しぶりに使用、ダウンがよってしまっている事を発見。 残念!!普通の寝巻きで、4度のベランダで寝ましたが、全然寒くなく快適で、朝まで目を覚ますことはありませんでした。そう考えるとやはり0度くらいまでが快適温度のようには感じます。今持ってるシュラフが少し大きくて不便(薄型バニアケース収納不可)のため、シーズンを前に様々な商品を物色比較し、山岳用品店にも出向いて軽い、小さい最高のシュラフも見ましたが何分にも高価なために断念。夜中は10度前後まで外気温が下がってた!急に寒くなっていた時期のキャンプで!地面の上にブルーシート!テント!銀マット!薄いダウンブランケットを敷いた上で使用しました。175センチ85キロの僕でも余裕です。普段は、ダウンは広げていた方が良いらしいので、寒い時は布団の上からかけて使用してます。コスパ的には○。コンパクトで軽くあったかい。残雪期から夏には使えると思います。適度に伸縮するフィット感はなかなかのもので,4月の室内とは言え暖かさも十分だった。購入して正解でした。バイクツーリングでの冬キャンプ用としてダウンシュラフを探していたところ!このエルブルースのシュラフを見つけました。いずれにしても!コストを考えれば全く問題ないと思います。-20度は無理かと思いますがこのお値段でこの商品でしたら満足度は高いです。当日の耐寒コンテストでは、−12.9℃と、例年に比べれば暖かかったですが、無事に過ごすことができ、認定証も授与されました。が、サイドのスライダーは内側にベロがないため、ここは不便です(ykkであるため、動きはスムーズです。配達されて!家の中ではありますが!試しにシュラフに入ったところ!非常に温かかったです。まるでユニクロの「ウルトラライトダウン」のシュラフ版。商品の表面はユニクロのライトダウンと同じ感じ!内側は肌触りいい綿布?の感じ!全体がストレッチで軽く絞られていますが窮屈感も無く動きやすいです。正直、注文する時はこの商品に少々不安もありましたが、買うならダウンと決めていたし価格も手頃なこの商品を購入しました。びっくりです。さすがに!−20度での使用は無理だと思いますが!0度前後では十分に使えそうです。九州で、秋口の9月末に使用。耐久性に関しては、現時点ではわからないので未評価とします。全部閉めると夜中暑いくらいで、上のジッパーをかなり開けて使用。寝入り前はそこそこ暖かく!直ぐに眠りにつきました。他のレビューで羽毛が出てしまうようなことを読みましたが、ほとんど気になるような飛出しはありませんでした。布団乾燥機や干したりしたことで、とてもフワフワになりました。 記載のー20℃で使用するなら!かなり着込み インナー カバーの装着が必要です。外気温6度(テント内7度)で、Tシャツ・長袖ネルシャツ・キルティングジャンパー(薄手)・チノパンツ・エアマット使用で、風邪気味のちょっと寒気を感じる状況でした。でも,使用中の冬用よりずいぶん安い値でこれだけの品を手にでき十分満足しています。そこで,この歳で冬山に登ることはなかろうと考え,試しにこのシェラフを購入することに。下半身は暖かかったので、十分使える(上半身の寒気は風邪気味の為?)と思いました。-20°はどうかな?と思いますが。。コンパクトに収まるので!スーツケースにも楽々入りました。ただ!体格がいい人にはちょっときついかも。(2016/02/18)週末に群馬のとあるキャンプ場で使用しました。他レビューで臭いがあるとのことですがまったく感じません。マイナス何度まで使えるかわかりませんが!いい買い物だと思います。このジャンルの商品!明らかに機能や品質と価格は正比例ですが!この商品のコスパは結構高いと思いました。バイク積載なのでコンパクトなことを重視して選びましたが、薄型バニアケース、トップケース、シートバックと何処にでも収納出来る大きさです。サンプル画像はペナペナな感じですが良く膨らみます。コンパクトなのに温かく次のキャンプが楽しみです。当日は!曇っていた為か思ったより気温が下がらず!氷点下にまでは至ってなかった為!この寝袋の耐寒性能であれば十分でありました。今後は低地のキャンプの予定しかないので,次のシーズンまで体感はできませんが。初めてシュラフを購入するなら最適だともおもいます。確かに,登山用の冬対応の厚手のズボンに羽毛のジャケットを着込んだまま潜り込めばー○○度でも寝れはするのかも知れないが,真冬でも歩いたままの格好では寝たくない。スーパーストレッチまでは伸びませんが!それなりに伸びますよ。【耐久性】 購入したばかりでコメントなし。羽根が出てくるのでマイナス1です。盛夏用のコンパクトな寝袋を見慣れていたせいで、サイズはこれでも大きめに感じましたが、これならリュックには何とか収まります。足元までジッパーが広げられて全開できれば!掛布団がわりにも使えるのですが…そこが残念で星4つ。 暖かさはまずまずでした。先日日光女峰山の避難小屋で使用してみました。ありがとうございました。耐久性は、まだよくわかりません。かなりのレビューの評価のよさとパッキングがまずまず許容範囲だったので。10月半ばに木曽駒ヶ岳でテント泊。−20℃までいけるだけのことはありました。収納後に空気を抜きながらストレッチベルトを絞ると更に一回り小さくなります。気温5度程。着用は、長袖Tシャツと夏用の薄手の長ズボン。11月上旬、道志の森キャンプ場で使用して見ました。